昔は携帯などなかったので、子供が気軽に撮れるカメラと言えば使い捨てカメラでした。

自分では普通のカメラを持っていなかったので、使い捨てカメラになったのですが、修学旅行にも持って行って、こっそり好きな彼のことを撮るチャンス!とすごく楽しみにしていたのです。

隣のクラスだった彼を撮る機会は結構ありました。近くで行動することが多く、うちのクラスの女友達も協力してくれました。その女友達を撮るふりをしてたくさん彼を撮ることが出来ました。
嬉しくて嬉しくて仕方がなかったのです。
そして一刻も早く帰って現像に出そうともくろんでいました。

喜び勇んで修学旅行から家に帰って来ました。ところが、荷物を片づけていたとき、カメラを探したものの、バッグのどこを見てもカメラがありません。

ウソでしょう!?半泣きになって必死で探しましたが、やっぱりないのです。
どこで落としたのかさっぱりわかりません。最後にとった後には鞄にきちんとしまったのです。
もしかしたら帰る前に一度荷物整理をしたのが良くなかったのかもしれません。

凄くショックでしばらく放心状態でした。しかも彼が沢山写っている写真を他の人が間違えて現像したらと思うと冷や汗が出てきました。

友達との思い出の写真よりも、せっかく撮った好きな彼の写真がなくなってしまったことが本当にショックだったのです。

そんなことがあって、私は大きくなってから、恋人との出来事を頻繁にカメラで撮って楽しむようにしています。現在では高性能なカメラがあるので写りが良くて助かっています。好きな相手とそういった写真を撮っていくのは思い出になるので良いことです。

以前に知り合いからカメラを借りて恋人と写真を撮ってみた体験があります。そのカメラは自分たちが買えないようなものだったので借りられたのが幸運でした。できるなら最高のカメラで自分たちの思い出を残したいという気持があったのです。

そのカメラは扱いが楽で手に馴染む感覚を持っていました。私はこれまでのカメラと比較をしてやはり価格が重要だと感じました。恋人も借りたカメラを気に入っていたので本当に素晴らしい性能を持っていました。

良いカメラなのでもちろん写真もクオリティが高くなりました。私はそういった写真の腕前は普通なので良い商品を使った際の効果を高く感じました。結果的に満足できる写真が完成して恋人との記念になりました。その写真は今見ても色褪せないのでカメラの性能に感心します。

昔修学旅行で果たし得なかった彼の写真を今は堂々と一緒にとって沢山の思い出のアルバムとしているのです。

<特別サポート>
生命保険の選び方|内職アルバイト探し.com|クレジットカードリンク集|お家の見直ししま専科|内職|アダルトアフィリエイト|お小遣いNET|英語上達の秘訣|GetMoney|FXシストレ|健康マニアによる無病ライフ|サイドビジネス|ダイエットジムフランチャイズ|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|